スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
問題解決は解決のための組織レイヤー選択から
プロジェクトで問題が起きた際、現場では解決できない問題としてたとえば、社内リソースの確保などがあげられる、ここで問題の切り分けや対処を間違える例は非常に多い。

何人かのプロジェクトマネージャーはここで残りのメンバーで踏ん張るという選択肢を選びがちだが、実はこういった問題は現場レベルでは根本的な解決が難しい。

リソースの問題であれば、社内のリソースを配分しているレイヤーに問題提起を行い、強制的に他のプロジェクトリソースから人をはがすような意思決定を求めることが、問題解決の近道だと思う。

このように問題解決においては、もっとも有効なレイヤーを選択することが非常に重要である。
| Atsuo Nakanishi(WebPMBOK) | 思想 | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:19 | - | - |









http://webpmbok.jugem.jp/trackback/12